院長紹介

衞藤医院長

院長:衞藤 公治(えとう きみはる)

【院長から一言】

「病気を治す」ということに関して西洋医学、東洋医学、代替医療の区別はなくただの医学で良いと思います。そして、患者さん一人ひとりの治癒力を引き出すことが一番大切です。とくに「病は気から」と言われるように心の持ち方は極めて重要です。ホ・オポノポノというハワイの癒しの秘法「ありがとう。ごめんなさい。許して下さい。愛しています。」 という言葉を自分自身の潜在意識に呼び掛け治癒力を引き出す教えは最も大切な根本治療の一つと考えております。

【経歴】

昭和22年 現住所にて出生
昭和41年3月 私立城北高等学校卒
昭和43年4月 東京慈恵会医科大学入学
昭和49年3月 東京慈恵会医科大学卒業
昭和49年4月 聖路加国際病院内科研修医(恩師:日野原重明先生)
昭和51年4月 東京慈恵会医科大学第三病院内科勤務(恩師 堀口正晴名誉教授)
昭和58年7月 父(衞藤四郎)の死後衞藤医院を継承
昭和59年10月 東京慈恵会医科大学第三病院内科見学生として現在に至る

【免許】

昭和49年7月 医師免許第224268号登録
昭和57年10月 日本内科学会総合内科専門医第240号
昭和57年11月 東京慈恵会医科大学学位976号取得

【趣味】

山登り、家具作り、ステンドグラス作り、UFO研究家

趣味 趣味

待合室に飾られているステンドグラスも衞藤医院長作です。

診療日